福島銀行Kakeibonのユーザー登録を行います。

お申し込みの前に、福島銀行版Kakeibon利用規約と福島銀行版Kakeibonに関わるプライバシーポリシーをご一読ください。

福島銀行版Kakeibon利用規約
福島銀行版Kakeibonに関わるプライバシーポリシー

 福島銀行版Kakeibon利用規約


第1節 総則

第1条(本規約の適用)
1.本規約は、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(以下「当社」といいます)が株式会社福島銀行の顧客に提供するネット家計簿サービス「福島銀行版Kakeibon」の利用に関し、利用者と当社との間に適用されます。
2.本規約に定めるユーザーIDの取り扱いについては、本規約のほか、OCN IDでログインする機能の利用規約が適用されます。

第2条(定義)
本規約において、以下各号に掲げる用語は、当該各号に定めるとおりとします。
(1) 「利用者」とは、本規約を承認の上、当社と福島銀行版Kakeibon利用契約(以下「本利用契約」といいます)を締結した法人、団体、組合又は個人をいいます。
(2) 「口座」とは、本サービスにおいて利用者が登録することのできる普通預金、定期預金、カードローン、株式、投資信託、ポイントその他の表示項目をいいます。
(3) 「口座情報」とは、口座の残高・取引等の情報をいいます。
(4) 「家計簿情報」とは、口座情報および利用者が入力した家計に関する情報のすべてをいいます。
(5) 「コンテンツサイト」とは、第三者が運営・管理する、口座情報を提供するサービスを行なうサイトのうち、当社が任意に指定するサイトをいいます。
(6) 「コンテンツパートナー」とは、コンテンツサイトを運営する主体をいいます。
(7) 「ユーザーID」とは、パスワードと組み合わせて、利用者とその他の者とを識別するために用いられる符号をいいます。なお本サービスのユーザーIDにはOCN IDを用います。
(8) 「パスワード」とは、ユーザーIDと組み合わせて、利用者とその他の者とを識別するために用いられる符号をいいます。
(9) 「福島銀行版当社サイト」とは、当社が株式会社福島銀行の顧客向けに運営する、本サービスを提供するサイトを指し、「当社の指定するサイト」とは、左記以外の当社が任意に指定するサイトをいいます。
(10) 「アグリゲーション・サービス」とは、利用者が福島銀行版当社サイトを経由して各コンテンツサイトにアクセスして利用者自身の口座情報を取得し、取得した口座情報を福島銀行版当社サイト上に一覧表示することができるサービスをいいます。
(11) 「本サービス」とは、利用者がアグリゲーション・サービスにて得られた情報、および利用者が入力した家計に関する情報を基に当社が任意に定める期間の家計簿情報を蓄積、更新、加工・編集等の上、福島銀行版当社サイト上に表示し管理することができるサービス(サービス名称「Kakeibon」)をいいます。
(12) 「自動ログインサービス」とは、利用者が福島銀行版当社サイトにログインした後、福島銀行版当社サイト上のリンクボタンからコンテンツサイト上の口座情報を提供するページに直接アクセスする際に、当該コンテンツサイトが要求する当該ページにアクセスするためのコンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードを利用者が入力する操作を省くサービスをいいます。
(13) 「コンテンツサイトID」とは、コンテンツサイトパスワードと組み合わせて、利用者とその他の者とを識別するために用いられる符号をいいます。金融機関によっては、口座番号等がコンテンツサイトIDにあたる場合があります。
(14) 「コンテンツサイトパスワード」とは、コンテンツサイトIDと組み合わせて、利用者とその他の者とを識別するために用いられる符号をいいます。
(15) 「OCN ID」とは、「OCN ID(メールアドレス)でログインする機能の利用規約」に定める条件を承諾のうえ、当社が別途定める手続きに従い、当社が利用者に発行する符号をいいます。

第2節 本利用契約の成立

第3条 (本利用契約の成立)
本サービスの利用を申込む者(以下「申込者」といいます)は、「OCN ID(メールアドレス)でログインする機能の利用規約」に定める条件を承諾のうえ、当社が別途定める手続きに従いOCN IDを登録し、本規約並びに当社が別に定めるプライバシーポリシーおよび「福島銀行版Kakeibonに関わるプライバシーポリシー」を承認の上、福島銀行版当社サイト又は当社の指定するサイトを通じて、本サービスの利用を申込むものとします。本利用契約は、当社が、申込者による本サービスの利用を承認し、申込者に対しユーザーID登録完了メールを送信した時点で、本規約の内容のとおりに成立するものとします。当社は、本サービスの利用申込みがあった場合でも、任意の判断により本サービスの利用をお断りする場合があります。この場合、申込者と当社との間に本利用契約は成立しないものとし、申込者は、当社に対し、異議申立て、拒絶理由の開示その他一切の請求を行えないものとします。

第4条(本利用契約の変更)
当社は、いつでも、利用者の同意を得ることなく、本サービス内容及び本規約の内容を変更することができるものとします。この場合、当社は、変更の旨及び変更後のサービス又は規約の内容を、福島銀行版当社サイト又は当社の指定するサイトに表示して利用者に公表する方法、登録された電子メールアドレス宛に電子メールを送信する方法、若しくは当社が別に定める方法の何れかの方法により利用者に通知することにより、本サービス又は本利用契約は、当該通知の指定期日をもって、変更後のサービス又は規約の内容のとおり変更できるものとします。

第3節 本サービス

第5条(本サービスの内容)
1.当社は、利用者に対し、福島銀行版当社サイトを通じて本サービスを提供するものとします。
2.利用者は、本サービスを利用して福島銀行版当社サイトを経由して各コンテンツサイトにアクセスして利用者自身の口座情報を取得しアグリゲーション・サービスの提供を受けることができます。
3.本サービスを利用することによる、コンテンツサイトへのアクセス、口座情報の取得、一覧表示、蓄積、更新、加工・編集等を利用することによる、コンテンツサイト上でのコンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードの自動入力は、利用者自身が本サービスを利用することにより自らの意思で行う行為であり、利用者は、これらの行為により生ずる結果全てについて責めを負うものとします。当社は、これらの行為の当事者、使者、代理人又は仲立人等とならず、これらの行為により生ずる結果について一切責めを負わないものとします。
4.利用者は、本サービスを利用して取得した全ての情報に関連する一切の判断を、利用者自身の責任の下で行なうこと及び当社、コンテンツパートナーは、当該判断により行われた取引等の一切の結果について責任を負わないこと並びに、本サービスの利用に関して利用者とコンテンツパートナーとの間で紛議が生じた場合、利用者は当社に対して一切責任を追及できないことを予め了承するものとします。 5.利用者は、本サービスにおいて、預金口座の開設、預金の振込・振替、定期預金取引、証券投資信託取引等の取引を行なうことはできません。

第6条(本サービスによる情報提供の範囲)
1.当社は、利用者が本サービスを利用してアクセスできるコンテンツサイトを、当社の指定するサイト上に表示することにより公表するものとします。この内、利用者が本サービスによって自己の口座情報を取得できるコンテンツサイトは、利用者が当該コンテンツサイトにアクセスするためのコンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードを所持しているコンテンツサイトに限られます。
2.当社は、利用者がアクセスすることができるコンテンツサイトを、追加又は削除することがあり、利用者は、これに異議を述べることができないものとします。利用者は、コンテンツサイトが削除された場合、以後本サービスにおいて当該コンテンツサイトから口座情報を閲覧・取得等できなくなることをあらかじめ了承します。
3.当社は、利用者が本サービスにおいて登録できる口座を、福島銀行版当社サイト上に表示することにより公表するものとします。利用者は、本サービスを利用するにあたって、予め口座を登録するものとします。利用者が本サービスにより取得できる口座情報は、利用者が予め登録した口座に関するものに限られます。当社は、利用者が口座を登録した後連続して180日を越える期間本サービスを利用しなかったときは、当該利用者が登録した口座を削除することができるものとします。
4.当社は、利用者が取得することができる口座情報の表示項目を、追加又は削除することがあり、利用者は、これに異議を述べることができないものとします。
5.本サービスによって得られる情報の内容及び期間については、当社が任意に定めることができるものとし、利用者は、これに異議を述べることができないものとします。
6.コンテンツサイトから取得する口座情報の内容がいつ時点のものであるかについては、コンテンツサイト側で提供される表示状態によって異なります。
7.利用者が本サービスにアクセスした直後において、利用者の意思にかかわらず口座情報の更新を行いますが、利用者が前回アクセス時に表示した口座情報が表示される場合があります。また当社は、予め利用者が指定した集計期間の末日に登録された口座情報を自動で取得し、家計簿情報に反映します。
8.利用者の口座情報および家計簿情報の保存期間は、福島銀行版当社サイトに定めるものとします。但し、第27条によりこれらの情報が損失しても当社は何ら責任を負わないものとします。利用者は、これに異議を述べることができないものとします。
9.1コンテンツサイトあたり1回に取得できる口座情報の件数には制限があるため、利用者は、当該コンテンツサイトの全ての取引を取得できない場合があることをあらかじめ了承するものとします。

第7条(本サービス提供の停止)
当社は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用者に事前に通知し、又は緊急やむを得ない場合は事前に通知せずに、本サービスの全部又は一部の提供を停止できるものとします。
(1) 本サービスを提供するために必要なシステム、設備の保守上又は工事上必要なとき
(2) 本サービスを提供するために必要なシステム、設備に障害が発生したとき
(3) 当社の設備を不正アクセス行為から防御するため必要なとき
(4) 電気通信事業者が電気通信サービスの提供を中止する等、当社以外の第三者の行為に起因する事由により、本サービスの提供を行うことが困難になったとき
(5) 天災地変、戦争、テロ行為、暴動、騒乱、労働争議等その他の非常事態の発生により、本サービスの提供が困難になったとき、又はそのおそれのあるとき
(6) 当社又はコンテンツパートナーの事情により、本サービスを通じて当該コンテンツサイトから口座情報を取得することができなくなったとき

第8条(本サービスの全部又は一部廃止)
当社は、都合により、本サービスの全部又は一部を中止又は廃止することがあります。この場合、当社は利用者に対し、緊急やむを得ない場合を除き、予めその旨を福島銀行版当社サイト又は当社の指定するサイトに表示して利用者に公表する方法、登録された電子メールアドレス宛に電子メールを送信する方法、又は当社が別に定める方法の何れかの方法により利用者に通知することにより、当該通知の指定期日をもって、本サービスの全部又は一部を中止又は廃止することができるものとします。

第4節 本サービスの利用

第9条(コンテンツサイトID・コンテンツサイトパスワードの登録及び変更等)
1.利用者は、本サービスを利用するにあたり、コンテンツサイトにアクセスするためのコンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードを取得しておく必要があります。
2.利用者は、コンテンツサイトにアクセスするためのコンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワード並びに利用者が使用する電子メールアドレスその他本サービスの利用にあたり必要となる当社指定の情報(以下「登録情報」という)を、福島銀行版当社サイトを通じて登録する必要があります。
3.利用者は、登録情報に変更があった場合、速やかに、変更登録する必要があります。利用者は、この変更登録を行わなかったことにより生じた一切の損害について責任を負います。
4.利用者は、コンテンツサイトにおいてコンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードを変更した場合、本サービスにおいても別途コンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードの変更登録をする必要があります。この場合、前号後段を適用します。
5.登録したコンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードに誤りがあり、利用者が当該コンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードを用いてコンテンツサイトにアクセスして口座情報を取得しようとした場合、コンテンツサイトにおける正しいコンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードが失効することがあります。

第10条(自動ログインサービスの登録・変更及び解除等)
1.利用者は、自動ログインサービスを利用するにあたり、前条によるほか、予め福島銀行版当社サイトから所定の操作による登録が必要です。
2.利用者が、所定の操作を実施し自動ログインサービスを利用する場合、自動ログイン先のコンテンツサイトへの当該利用者のコンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードの入力は、当該利用者の意思に基づくものです。
3.利用者は、コンテンツサイトにおいてコンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードを変更した場合、自動ログインサービスにおいても別途コンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードの変更登録をする必要があります。利用者は、この変更登録をしなかったことにより生じた一切の損害について責任を負います。
4.利用者は、自動ログインサービスの利用を中止する場合、福島銀行版当社サイトから当社所定の手続きをする必要があります。利用者は、この変更登録をしなかったことにより生じた一切の損害について責任を負います。

第11条(自動ログインサービスの利用)
1.当社は、利用者が自動ログインサービスの利用によりアクセスしたコンテンツサイトにおいて提供されるサービスやコンテンツサイト上で取得される口座情報について一切関与しません。自動ログインサービスの利用によりアクセスしたコンテンツサイトで生じた一切の損害についての責任は利用者が負います。
2.利用者以外の第三者が自動ログインサービスを利用することにより生じた一切の損害についての責任は利用者が負います。
3.利用者は、第10条1項に従い自動ログインサービスの利用を登録したにもかかわらず、コンテンツサイトの変更等の当社の責に帰さない事由により自動ログインサービスが利用できない場合があることを承諾します。

第12条(コンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードの管理等)
1.利用者は、本サービスの利用にあたり、コンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードについて全面的な管理責任を負うものとします。
2.利用者は、コンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードが窃用され又は窃用される可能性があることが判明した場合には、直ちに当社に連絡するものとし、以後、当社の指示に従うものとします。
3.利用者は、自己の責に帰すべき事由により、コンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードが第三者に窃用又は利用されたことによる損害全てを負担し、当社、コンテンツサイトを運営する企業は、一切その責任を負いません。
4.当社は、利用者のコンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードについて一切関知せず、プライバシーポリシーが遵守される限り、利用者に生じた損害について、何ら責任を負担しません。

第13条(本サービス利用主体)
1.本サービスは利用者本人のみが利用できるものとし、利用者は、第三者をして本サービスを利用させてはならないものとします。
2.当社は、利用者が福島銀行版当社サイトに登録したコンテンツサイトID及びコンテンツサイトパスワードを用いた本サービスの利用は、当該利用者本人の利用とみなします。

第14条(本サービスの利用地域)
利用者は、本サービスを、日本国内のみで利用できるものとします。

第15条 (本サービスの提供時間)
利用者は、本サービスを、第7条及び第8条で定める場合を除き、1日24時間、年365日間(ただし、閏年は年366日)利用できるものとします。

第16条 (権利等の譲渡禁止)
利用者は、本サービスの提供を受ける権利及び本利用契約上の地位を第三者に譲渡、担保設定し又は承継させることができません。

第17条(本サービスの利用料金)
本サービスを利用するために必要となる通信費・インターネット接続料・機器等の費用などは、すべて利用者負担とします。

第5節 利用者の義務

第18条(利用者の一般的義務)
利用者は、以下の各号に掲げる行為を行ってはならないものとします。
(1) 当社及び第三者の著作権その他の権利を侵害する行為及び侵害するおそれのある行為
(2) 当社及び第三者の財産又はプライバシーを侵害する行為及び侵害するおそれのある行為
(3) 前2号に定めるものの他、当社及び第三者の利益を不法に侵害する行為及び侵害するおそれのある行為
(4) 当社及び第三者を誹謗中傷する行為
(5) 公序良俗に反する行為若しくはそのおそれのある行為又は当社及び第三者に対し公序良俗に反する情報を提供する行為
(6) 犯罪行為又は犯罪行為に結びつく行為若しくはそのおそれのある行為
(7) 自己又は第三者のコンテンツサイトID及びコンテンツパスワードを不正に使用する行為
(8) 本サービスを利用して又は本サービスに関連して、コンピュータウィルスなどの有害なプログラムを使用し、若しくは送信する行為、又はそのおそれのある行為
(9) 前号に定めるものの他、当社による業務の遂行、本サービスの実施若しくは当社の電気通信設備に支障を及ぼし、又はそのおそれのある行為
(10) その他、法令に違反する行為又はそのおそれのある行為

第6節(本利用契約の終了)

第19条 (本利用契約の解除)
当社は、利用者が、本規約に違反した場合、当該利用者に対し、何ら催告なくして、本利用契約を解除することができるものとします。

第20条(当社による本利用契約の解約)
1.利用者が、当社サイトに登録情報を登録後連続して1,000日を超える期間、本サービスを利用しなかったときは、当社は、本利用契約を上記期間経過をもって解約できるものとします。
2.利用者である法人が解散、会社分割等した場合には、当社は本利用契約を解約できるものとします。
3.利用者が当社に利用者情報(第25条第1項において定義します。)の削除を求めたときは、当社は本利用契約を解約できるものとします。
4.利用者が、当社IP通信網サービス契約約款に定めるIP通信網契約者に割り当てられたメールアドレスをOCNIDに設定している場合で、当該メールアドレスに係るIP通信網契約を終了したときは、相当の期間内に、OCNIDに設定しているメールアドレスを有効なメールアドレスに変更しない場合、当社は本利用契約を解約できるものとします。
5.当社が第8条に基づき本サービスの全部を廃止したときは、本利用契約も同時に失効するものとします。

第21条(利用者の解約申入)
1.利用者は、福島銀行版当社サイトから本サービス解約の手続を行うことによって、いつでも、本利用契約を解約することができます。この場合、利用者が当社所定の手続を完了した時点で、解約の効力が生ずるものとします。
2.利用者は、本サービスを解約しようとする場合には、事前に、福島銀行版当社サイトから本サービス解除の手続を行うことによって、本利用契約を解約するものとします。

第7節 情報・権利等の取扱

第22条(情報に関する責任)
1.利用者は、口座情報等本サービスの利用により取得した全ての情報の利用・保存・管理等について、自ら一切の責任を負うものとします。
2.利用者は、本サービスの利用により取得する口座情報が、利用時にコンテンツサイト上に記載された更新日時においてコンテンツサイトから取得される情報であり、かつ、第6条の範囲内で取得される情報であることを予め了解するものとします。
3.利用者は、アグリゲーション・サービスの利用により取得する口座情報が、通信設備等の異変により正確に表示されない可能性があることを予め了解するものとします。
4.当社、コンテンツパートナーは、利用者が本サービスの利用によりコンテンツサイトから取得する口座情報の完全性、正確性、確実性、有用性等について、何らの保証も行わず、責任を負担しないものとします。

第23条(利用者のデータ)
1.利用者が本サービスに登録した登録情報・口座情報および家計簿情報そのものの権利は、利用者に帰属することとします。
2.前項にかかわらず、当社は第6条第8項に基づき、福島銀行版当社サイトに定める期間より以前の口座情報および家計簿情報を削除することができます。また第19条及至第21条に基づき、本利用契約が解除、失効又は解約された場合及びパスワード等の再発行を行った場合は、当該利用者の登録情報・口座情報および家計簿情報を削除することができます。また、当社が、第6条第2項に基づき、コンテンツサイトを削除した場合及び第6条第4項に基づき口座を削除した場合、当該利用者の口座情報を削除することができます。
3.利用者が第6条第6項に基づき、口座情報を更新した場合、当社は、更新前の口座情報を削除することができます。

第24条(データ以外の著作権)
本サービスにおいて利用者が使用するソフトウェア・表・グラフその他のデータ表示方法に関する著作権その他知的財産権は、特段の定めがないかぎり、当社、又は正当な権利者に全て帰属するものとし、いかなる知的財産権も、本利用契約の締結により利用者に帰属又は移転しないものとします。

第25条(利用者の情報)
1.当社は、本サービスの利用によって当社に蓄積される、利用者の登録情報、口座情報、家計簿情報その他利用者の情報、本サービスの利用実績その他の利用者に関わる情報(以下「利用者情報」といいます)について、当社が別に定める「プライバシーポリシー」および「福島銀行版Kakeibonに関わるプライバシーポリシー」のとおり取り扱うものとします。
2.当社は、利用者に利用者情報の提供先とその利用目的をあらかじめ通知し、その承諾を得ることを行わないかぎり、第三者に利用者情報を開示・提供しないものとします。
3.前項にかかわらず、以下の場合には、当社は、第三者に利用者情報を開示・提供することができるものとします。
(1) 1項及び6項の目的の範囲で、当社が利用者情報の管理に関して必要かつ適切な監督を行なう第三者に対して利用者情報を開示・提供する場合
(2) 法令に基づく場合
(3) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、利用者の同意を得ることが困難である場合
(4) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、利用者の同意を得ることが困難である場合
(5) 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
4.当社は、利用者情報を抽出・再編集して、利用者の匿名性を保持した統計データ(以下「統計資料」という)を、本サービスの利用動向の把握、本サービスの宣伝、および新サービスの開発を目的として、利用・開示(書籍などの出版物又は放送媒体或いはインターネットを通じて発表する等)することができます。この場合、これら著作物に関する一切の権利は、当社に帰属するものとします。 5.当社は、統計資料を前項の目的のために、第三者に利用・開示(書籍などの出版物又は放送媒体或いはインターネットを通じて発表する等)させることができるものとします。この場合、これら著作物に関する一切の権利は、第三者に帰属するものとします。 6.利用者は、以下の項目に該当する場合に、第三者が、利用者情報を利用することを予め了承するものとします。 (1) 本規約の定めに従い当社が利用者情報を利用するのに必要な場合に、第三者が、利用者情報を当社に返還、開示・提供する場合 (2) 行政官庁より開示を求められた場合、又は法令等により開示が義務づけられる場合 (3)その他正当事由がある場合

第8節 責任等

第26条(利用者の責任)
1.利用者が、本サービスの利用に関連し、他の利用者又は第三者に対して損害を与えたものとして、他の利用者又は第三者から何らかの請求がなされ、又は訴訟が提起された場合、当該利用者は、自らの費用と責任において当該請求又は訴訟を解決するものとし、当社が、当該第三者から相手方とされた場合には、その対応及び対応に要する費用一切を利用者の負担とします。
2.利用者が、本サービスの利用に関連し、当社に損害を与えた場合には、利用者は、当社に対し損害賠償義務を負担します。

第27条(当社の責任)
1.第7条に基づく本サービスの停止、第8条に基づく本サービスの廃止、第19条に基づく本利用契約の解除、第20条に基づく本利用契約の失効、第21条に基づく本利用契約の解約により、当社が利用者に対し、本サービスの全部又は一部を提供できなかったときでも、利用者に対し、何らの責任を負わないものとします。
2.当社は、利用者が本サービスを利用することによりコンテンツサイトから取得した口座情報に起因して損害を受けた場合には、事由の如何を問わず、何らの責任を負わないものとします。
3.当社は、利用者が自己の責任により準備・利用する端末機、通信回線、コンピュータ・ソフトウェア等の障害により本サービスの提供を受けられなかったときでも、当社は、何ら責任を負わないものとします。
4.前各項のほか、当社は、利用者が本サービスを利用することにより被った逸失利益、利用者情報等のデータ損失にかかる損害、財産的損害、信用損害、その他一切の損害の賠償について、何ら責任を負わないものとします。ただし、当社の故意重過失による場合はこの限りではありません。

第9節 雑則

第28条(通知)
当社は、本サービスに関し利用者に通知をするときは、本規約に別途定める場合を除き、福島銀行版当社サイト上に掲示して公表する方法、又は利用者が登録した電子メールアドレス宛に電子メールを送付する方法、いずれか1の方法によるものとします。福島銀行版当社サイト上に掲示して公表する方法によった場合は福島銀行版当社サイト上に掲示したとき、電子メールを送付する方法によった場合は当社が電子メールを発送し利用者が電子メールを受信するためにアクセスするメールサーバーに当該電子メールが到着したときに、通知が到達したものとします。なお、当社が発送した電子メールが、利用者側の事由により、上記メールサーバーに到着しなかったときは、通常到着すべきときに到達したものとみなします。

第29条(当社の電子メールによる送付)
1.当社は、利用者が本サービスの利用を開始した後、逐次、当社が必要と判断するテキストファイルやファイル等を、利用者が登録した電子メールアドレス宛に電子メールにより利用者に送付することがあります。この場合、当社が送付したテキストファイルやファイル等により消費される利用者のディスク容量は利用者の負担とします。
2.利用者は、本利用契約上の規定により本利用契約が失効した後でも、本サービスの設備システム等の管理・運営上の理由から、前項のテキストファイルやファイル等が送付される場合があり、この場合にも前項の規定が適用されることを予め了承します。

第30条(問い合わせ等)
当社は、利用者が本サービスを利用することによりコンテンツサイトから取得した口座情報の内容に関する問い合せについては、対応する義務はないものとします。

第31条(準拠法)
本規約及び本利用契約は、日本法によって解釈され、日本法を準拠法とします。

第32条(合意管轄裁判所)
利用者と当社の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

附則(平成27年9月7日 ACサ 500607)
この規約は、平成27年9月14日から実施します。



 福島銀行版Kakeibonに関わるプライバシーポリシー


第1条(定義)
この福島銀行版Kakeibonに関わるプライバシーポリシー(以下、「本プライバシーポリシー」といいます)は、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(以下、「当社」といいます)が提供する「福島銀行版Kakeibon」(以下、「本サービス」といいます)において、利用者ごとに異なる広告バナー表示、広告メール配信(以下、あわせて「グループ別告知機能等」といいます)を行う際の利用者情報の取扱いを定めたものです。本プライバシーポリシーに別段の定めがない限り、本プライバシーポリシーの各用語は、福島銀行版Kakeibon利用規約第2条に定める定義に準じます。

第2条(取得される情報の項目、利用目的、取得方法)
本サービスのご利用に際して、当社は以下の情報を以下の利用目的のために取得いたします。

利用する情報: メールアドレス、居住地、性別、生年月日、家計簿情報、口座情報
利用目的:   グループ別告知機能等の提供のため
取得方法:   利用者による入力、またはアグリゲーション・サービスにより取得します

「グループ別広告バナー表示」とは・・・第2条に規定する情報をもとに、本サービスの利用者をグループに分け、本サービスページ内に表示されるバナーをグループ毎に出し分ける機能です。

「グループ別広告メール配信」とは・・・第2条に規定する情報をもとに、本サービスの利用者をグループに分け、利用者向けに配信するメールマガジンをグループ毎に出し分ける機能です。

第3条(同意)
1 本サービスは、本プライバシーポリシーをご確認いただき、内容をご理解したうえでご利用ください。本プライバシーポリシーは福島銀行版当社サイトに掲示されており、この掲示をもって公表したものとします。利用者は本サービスの初回ログイン時に、本プライバシーポリシーをご確認ください。
2 本プライバシーポリシーに同意いただくことにより、第2条に規定する情報の取得に同意いただいたものとします。同意をいただけない場合には、本サービスは利用できません。
3 情報の第三者提供を行う場合、事前に同意をいただきます。

第4条(利用方法)
1 第2条に基づき取得された情報については、当社の設置するサーバに保存され、第2条の目的の範囲で使用されます。

第5条(利用者関与の方法)
1 本サービスにて利用者が登録した家計簿情報、自動取得した口座情報は、本サービスのログイン後、利用者の操作により削除、変更が可能です。情報が削除された場合には、当社の本サービスのサーバから定期メンテナンス時に消去いたします。
2 利用者が、グループ別告知機能等の提供を停止するには、本サービスを解約する必要があります。

第6条(サービスの終了と情報の取扱い)
利用者が本サービスの解約を申し出た場合もしくは本サービスの利用契約が失効した場合には、利用者への本サービスの提供は終了し、当社が利用者から取得した、または利用者が登録した情報は、当社の本サービスのサーバから定期メンテナンス時に消去いたします。

第7条(プライバシーポリシー等へのリンク)
当社のプライバシーポリシー(以下、「プライバシーポリシー」といいます)、福島銀行版Kakeibon利用規約、および本プライバシーポリシーの最新のものは、下記のリンクよりご確認ください。プライバシーポリシーと本プライバシーポリシーが異なる場合には、本プライバシーポリシーが優先するものとし、本プライバシーポリシーに定めがない場合はプライバシーポリシーが適用されるものとします。

■プライバシーポリシー
http://www.ntt.com/privacy/

■福島銀行版Kakeibon利用規約
http://kakeibo.ocn.ne.jp/fukushima/terms/

■福島銀行版Kakeibonに関わるプライバシーポリシー
http://kakeibo.ocn.ne.jp/fukushima/terms/appolicy-kakeibon.html

第8条(情報の開示、提供)
当社は、利用者の同意を得ることなく、本サービスにおいて利用者より取得した情報を、第三者に開示または提供することはありません。ただし、以下の場合は除きます。
(1) 法令に基づく場合。
(2) 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合。
(3) 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けたものが、法令の定めにより遂行することに協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることによりその遂行に支障を及ぼすおそれがある場合。
(4) その他、社会通念上、当社が必要と判断した場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合。

第9 条(問い合わせ窓口)
本サービスにおける利用者情報の取扱いに関するお問い合わせ、ご相談は以下の窓口でお受けいたします。

■窓口名称: 個人情報の取扱いに関するお問合わせ

■お問い合わせ方法:下記の問い合わせフォーム

■お問い合わせフォーム:https://www.ntt.com/ask/pub/inq/jp5354_04

第10条(変更)
本プライバシーポリシーは改定されることがあります。本サービスの利用者情報の取得項目の変更や追加、利用目的の変更、第三者提供等について変更がある場合には、本サービスへのログイン時に通知し、重要なものについては本サービスへのログイン時にあらためて同意を取得させていただきます。

 

以上

附則(平成27年9月7日 ACサ 500607)
本プライバシーポリシーは、平成27年9月14日から実施します。

通常版Kakeibonはこちら