カレンダー・家計簿リスト

概要

一目で節約意識向上に役立つカレンダー、明細確認・編集の基本の家計簿リスト

家計簿を自動化したらすぐに便利に使って頂けるのがカレンダーです。
カレンダーを見るだけで「いつ」「いくら」使ったのかがすぐ分かるようになります。
月に一度、支出の大きかった日、ベスト3を振り返るだけでも、節約意識向上に役立ちます。

家計簿リストは明細情報を細かく管理できるリストです。費目をつけたり、1ヶ月の明細を金額順、日付順などに並び替えて確認することができます。

今月の黒字・赤字がすぐわかる当月収支、今の資産状況がわかるサマリーエリア

当月収支では、今月いくら入っていくら出て行ったのか、残金はいくらあるのかが一目で分かります。
収入に対して、使いすぎているようであれば、問題ないのかどうかをチェックしましょう。
家計簿本来の目的である、将来の生活が問題無く送れるかどうかをチェックするには「目標管理(将来金)」をご利用頂くのがベストではありますが、
基本的にはここの今月の収支がマイナスとならないようにしていくことが大事です。

サマリーエリアでは、金融資産の合計額をチェックすることができます。
金融資産の合計額が気になったとき、編に増えたり減っていないかすぐ確認することができます。
また、プレミアムプランでは、未払いのクレジットカードの合計額や、将来のために貯めているお金、現金資産などを確認することができるようになります。

カレンダー・家計簿リスト

トップ画面の振り返りツール

カレンダー、家計簿リスト、当月収支、サマリーエリア

カレンダー、家計簿リスト、当月収支、サマリーエリア
  1. 当月収支/目標収支を確認できます。
    タブ選択により当月収支/目標収支の表示を切り替えてください。
  2. 今日の資産合計を確認できます。
    口座登録にて登録されたコンテンツサイトの資産と「資産・負債管理」画面において手入力した資産の合計額を確認できます。
  3. 銀行口座の資産・負債情報を確認できます。
    口座登録にて登録された銀行のコンテンツサイトの資産負債情報を確認できます。
  4. カレンダーで毎日の収支状況を確認できます。
    クレジットカードご利用の有無、当日の支出額が、カレンダーの各日付に表示されます。また、カレンダーの「+」をクリックするとその日に明細を入力する画面が開きます。日々の明細情報はポップアップで確認できます。
    振り返りツール(カレンダー、家計簿リスト、当月収支、サマリーエリア)
  5. 収支情報を一覧できます。
    デフォルトでは表示件数は20件ですが、プレミアムプランでは最大400件まで表示することができます。
    カレンダー上の日付をクリックすると、その日の収支情報が一覧表示されます。
    「月表示」ボタンをクリックすると、当月期の収支情報が一覧表示されます。

家計簿リストで明細を確認・編集・整理する

家計簿情報を整理
  1. 計算対象を整理します。
    家計簿情報は「家計簿リスト」の「計算対象」にて、対象の家計簿情報をクリックし「○」→「―」に変更することで、計算対象から除外することができます。
  2. 費目を設定します。
    自動入力された家計簿情報は費目が未設定のままですので本箇所にて費目を設定してください。
  3. 各費目の目標額を入力または修正します。
    1. 「編集」をクリックし、「家計簿編集」画面を立ち上げます。
    2. 編集したい入力欄に必要事項を入力します。
      家計簿情報を整理
  4. 家計簿情報を削除します。
    削除したい家計簿情報のチェックボックスにチェックを入れ、「チェックしたものを削除」をクリックします。
    先頭のチェックボックスにチェックを入れると、全てのチェックリストにチェックが入ります。
pagetop