「Zaim」との連携

スマートフォンで気軽に現金管理ができる家計簿アプリ「Zaim」と、銀行・クレジットカードなどの明細情報を自動的に取り込んで家計簿を自動作成する「Kakeibon」。
この2つの連携で、スピーディーで簡単に、本格的な家計簿管理ができます。
どちらのサービスも無料で利用可能です。

2つの連携でスマート家計簿ライフ

※「Zaim」はNTTコミュニケーションズが提供するアプリではありません。

家計簿アプリ「Zaim」とは?

「Zaim」 は無料のオンライン家計簿アプリです。iPhone、iPad、Androidといったスマートフォンからは、レシートの自動読み取り機能が使えます。

Zaimアプリ

また、今すぐアプリをインストールされる場合は以下よりお進みください。

※「Zaim」はNTTコミュニケーションズ提供のアプリではありません。

家計簿アプリ「Zaim」とは?

「Zaim」に「レシート読取り」機能が登場!

「Zaim」に「レシート読取り」機能が登場!
POINT 1 レシートをカメラで撮影するだけだから簡単!
POINT 2 商品名や店名、価格などを自動読取り!
POINT 3 使うほどに分類を学習するから便利!
POINT 4 長いレシートにも対応!

※「Zaim」はNTTコミュニケーションズが提供するアプリではありません。

「Zaim」との連携でこんなに時間短縮!

現金でお買い物をしたら、その場でZaimに記録。それをKakeibonが自動的に取り込むので、帰宅してパソコンを開いたら、すでに家計簿が完成!
短時間で家計簿ができるので、レシートと電卓に向き合う時間や、わずらわしさから解放されます。
また、Kakeibonには節約や資産管理に役立つ機能が満載。楽に手間なく家計管理が可能です。

2つの連携でこんなに時間短縮!
家計簿作成にかかる時間(月平均)
一般的な家計簿 109分*1
Zaim 約30分*2
Kakeibon×Zaim 約15分*3

*1 自社調べ
*2 Zaimで150件の家計簿情報を1件あたり15秒で入力した場合
*3 Zaimから50件、Kakeibonの自動家計簿機能で100件つけた場合

レシート読取り機能の設定

  1. スマートフォンに家計簿アプリ「Zaim」をインストールします。
    ※「Zaim」はNTTコミュニケーションズが提供するアプリではありません。
  2. Kakeibonにログインし、ホーム画面の「サービス連携(Zaim)」のボタンをクリックします。
    スマートフォンで設定する方法はこちら

    レシート読取り機能の設定方法
  3. 「Zaim」に登録したメールアドレス(またはユーザーID)とパスワード、メモ(任意)を入力し、「確認」ボタンをクリックします。
    レシート読取り機能の設定方法
  4. 入力した値が正しければ、「登録」ボタンをクリックします。
    レシート読取り機能の設定方法
  5. 「登録完了」画面が表示されたら、登録完了です。
    レシート読取り機能の設定方法

レシートの読取り方法

  1. 「Zaim」アプリを起動します。
    ※設定方法はこちら

    ※今すぐアプリをインストールされる場合は上記よりお進みください。

  2. 「入力する」ボタンをクリック、「レシートを撮影して入力」をクリックし
    レシートを撮影します。(黄色い線はガイドラインです。)

★読取り成功のコツ
 レシート:平らな場所に折れがない状態に設置
 カメラ:真上・文字が水平になる位置から撮影

レシートの読取り方法

例えば、このレシートを撮影してみると...

レシートの読取り方法

このように読み込まれます。
詳細を設定することも出来ます。Kakeibonへの反映のされ方については、こちらをご確認ください。

レシートの読取り方法

「Zaim」についての詳細やお問い合わせはこちら

※「Zaim」はNTTコミュニケーションズが提供するアプリではありません。

レシートのない場合の入力方法 - 「Zaim」を使用しない場合

  1. Kakeibonにログインし、画面下の「その他MENU」をクリックします。
    レシート読取り機能の設定方法
  2. 「PCサイトへ」をクリックします。
    レシート読取り機能の設定方法
  3. 「PCサイトへ」をクリックします。
    レシート読取り機能の設定方法
  4. カレンダーの該当する日の「+」ボタンか「家計簿入力」ボタンをクリックします。
    レシート読取り機能の設定方法
  5. 家計簿入力画面が表示されるので、買い物の内容、金額、費目など入力して「登録」ボタンをクリックします。
    登録したデータは「家計簿リスト」やカレンダーに反映されます。
    レシート読取り機能の設定方法

詳細設定する場合は、「詳細設定」バーの右端の印をクリックします。
購入店や単価など入力できます。

レシート読取り機能の設定方法

レシート読取りデータの確認

  1. 「Zaim」アプリで読み込まれた情報はKakeibonのカレンダー下に家計簿リストとして表示されます。
    ※スマートフォンの場合はこちら
    レシート読取り機能の設定方法

編集する場合

  1. 「編集」ボタンをクリックすると詳細画面が表示されます。
  2. レシート読取り機能の設定方法
  3. 家計簿入力画面が表示されるので、品名、金額など入力して「変更」ボタンを押します。
    レシート読取り機能の設定方法

詳細設定する場合は、「詳細設定」バーの右端の印をクリックします。

レシート読取り機能の設定方法

Kakeibonと「Zaim」の表記の違い

※表記あり、反映される○
反映されない×
反映されるが実用上注意点がある△

Zaim アプリ Kakeibon 備考
合計金額 × レシート単位での合計金額です。
Kakeibonでは品目毎に明細を取り込むため、レシートの合計額は表示されません。
日付 Zaimで入力した日付が入ります。
(デフォルトではレシートに記載されている日付)
電話番号 × Kakeibonには反映されません。
場所 「購入店」欄に反映いたします。
カテゴリ 左:支出カテゴリ
右:支出ジャンル
費目○
内容△
Kakeibonの詳細費目へは反映されません。
内容に「品目+支出ジャンル」として反映します。
出金元 × Kakeibonには反映されません。
品目
(品目名)
内容に「品目+支出ジャンル」として反映します。
メモ Kakeibonでは明細のメモ欄に表示にされます。
調整額 レシートの合計金額と品目毎の金額の合計がずれている場合に、Zaimがずれを調整するための調整額という品目を作ります。
Kakeibonに調整額も明細として取り込みます。
ただし、調整額であることが分かる情報は表示されません。
また、調整額が+である場合、収入として計上します。

「Zaim」に関するよくある質問

「Zaim」の情報は全て反映されますか?

Kakeibonでは、「Zaim」での家計簿日付より降順に最新100件を取得します。それより過去のものは取得できません。

「Zaim」でJPY(日本円)以外の通貨を設定して利用していますが、Kakeibonで利用できますか?

Kakeibonは、「Zaim」にて通貨「JPY」以外を設定した場合には家計簿リストに反映されません。
資産・負債管理画面では内容を表示しますが、通貨「JPY」以外の金額は「--」で表示します。

iPhoneを英語設定で利用していると「Zaim」も英語表記されますが、Kakeibonも英語で表示されますか?

Kakeibonは「Zaim」の日本語のみに対応しております。そのため、「Zaim」で英語を入力しても、Kakeibonでは対応する日本語が表示されます。

「Zaim」での費目や内容はKakeibonにも引き継がれますか?

Kakeibonでは、「Zaim」での費目情報を以下のように引き継ぎます。
なお、Kakeibon側で費目を変更された場合には、それ以降は自動で新しい費目を設定します。

「Zaim」-Kakeibon 費目マッピング表

「Zaim」アカウントはいくつまで登録可能でしょうか?

別のアカウントであれば複数登録可能です。なお、同一アカウントの複数登録は不可です。

「Zaim」で入力したメモが、資産・負債管理画面で一部省略されます。全文を見ることはできないでしょうか?

大変恐れ入りますが、資産・負債管理画面では「Zaim」で入力したメモを、下記のように省略して表示します。あらかじめご了承ください。

メモが10文字までの場合…10文字まで表示
メモが11文字以上の場合…9文字以降を省略して表示

なお、メモの全文は、家計簿リストの編集画面にてご確認いただくことが可能です。

金融機関の登録

  1. Kakeibonにログインし、画面下の「その他MENU」をクリックします。
    ※パソコンで設定する場合はこちら
    「その他MENU」をクリック
  2. 「PCサイトへ」をクリックします。
    「PCサイトへ」をクリック
  3. 「口座情報の追加」をクリックします。
    「口座情報の追加」をクリック
  4. 検索の入力欄に、登録したい金融機関名を入力し、「追加」ボタンをクリックします。
    または、金融機関一覧にある名称をクリックします。
    「追加」ボタンをクリック
  5. 「現在ご選択いただいている情報取得元一覧」に登録したい金融機関が表示されたら、「次へ」ボタンをクリックします。
    「次へ」ボタンをクリック
  6. 金融機関に登録しているIDとパスワードを入力し、「確認」ボタンをクリックします。
    金融機関に登録しているIDとパスワードを入力し、「確認」ボタンをクリック
  7. 口座情報が正しければ、「登録」ボタンをクリックします。
    「登録」ボタンをクリック
  8. 完了画面が表示されれば、登録は完了です。
    登録完了

※登録がうまくできない場合はこちら

レシート読取り機能の設定方法 - スマートフォンの場合

  1. スマートフォンに家計簿アプリ「Zaim」をインストールします。
    ※「Zaim」はNTTコミュニケーションズが提供するアプリではありません。
  2. Kakeibonにログインし、画面下の「その他MENU」をクリックします。
    レシート読取り機能の設定方法
  3. 「PCサイトへ」をクリックします。
    レシート読取り機能の設定方法
  4. 「PCサイトへ」をクリックします。
    レシート読取り機能の設定方法
  5. 「サービス連携(Zaim)」をクリックします。
    レシート読取り機能の設定方法
  6. 「Zaim」に登録したメールアドレス(またはユーザーID)とパスワード、メモ(任意)を入力し、「確認」ボタンをクリックします。
    レシート読取り機能の設定方法
  7. 入力した値が正しければ、「登録」ボタンをクリックします。
    レシート読取り機能の設定方法
  8. 「登録完了」画面が表示されたら、登録完了です。
    レシート読取り機能の設定方法

※登録がうまくできない場合はこちら

金融機関の一覧はこちら

レシート読取りデータの確認・編集 - スマートフォンの場合

  1. Kakeibonにログインし、画面下の「家計簿リスト」をクリックします。
    ※スマートフォンの画面では、費目の編集のみおこなえます。
    レシート読取りデータの確認・編集 - スマートフォンの場合


    詳細な変更はPCサイトからおこなってください。

    レシート読取り機能の設定方法

PCサイトでのデータの編集方法はこちら

pagetop